即日や低金利で人気!おすすめ銀行カードローン

カードローンを利用した専業主婦
借りる時に必ずチェックしておきたいポイントは「金利」です。
金利をよく確認せずに申込みしてしまうと、返済が苦しくなり延滞してしまうかもしれません。
そのため、返済計画をしっかりたててから申込みすることが大切です。

どの会社でも、金利は幅を持たせて設定され、下限金利~上限金利という形で書かれています。
比較する時に見るべきポイントは、上限金利です。

金利の確認方法

ほとんどの借入れで上限金利が適用されるため、必ずチェックしておく必要があります。
各社HPに返済シミュレーションが用意されているため、借入れした金額にプラスしていくら利息を払う事になるのか確認することができます。
また、月々の返済額によっても最終的に払う利息が異なるため、比較して確認する事が大切です。

金融機関によって金利は大きく異なります。
一般的に、銀行カードローンは金利が安く、消費者金融ではそれに比べ金利が高く設定されています。

しかし、消費者金融での借入れでも、無利息期間を活用する場合は銀行カードローンよりも金利を抑えることが可能となります。

また、消費者金融の方が即日融資を行っている会社が多いなどのメリットもあります。
金利のみで選ぶのではなく、他のポイントと合わせて比較することが大切です。

借入れできるかの確認も大切

借入先を比較する専業主婦

申込み前にしっかり条件の比較をしよう!


自分が借入れできるのかどうかをチェックしておくことも大切なポイントです。
例えば、専業主婦は消費者金融での借入れができません。
法律で決められていて、銀行カードローンでのみ借入れができるようになっています。

パートやアルバイト、学生で収入がある場合は、消費者金融でも借り入れ可能です。
専業主婦は間違って消費者金融に申込まない様に、気を付けましょう。

数社を比較する時は、まず自分が優先したい条件を確認することがおすすめです。
即日融資や低金利、無利息期間があるなど、第一条件を決めておくと迷いすぎずに納得して借入先を決めることができます。

金融機関の中には、女性専用の商品やフリーダイヤルを用意しているところや、郵便物無しで借入れでき、家族に内緒で借入れしたい人に向いている会社もあります。

まとめ

初めての借入れの場合は、どの会社も同じように見えるかもしれませんが、特徴的な商品やサービスがある会社もあります。
公式HP等を見て詳しく調べることがおすすめです。
無職の主婦が旦那の在籍確認なしで借りれるローンを取り扱っている会社もあるので、色々と比較検討をしてみて下さい。

複数社を見ていると、だんだんどの会社がどのようなサービスを行っているのかわからなくなってきて、比較するのが面倒になってしまうかもしれません。
自分なりに比較できるよう、メモしながら見ていくのがおすすめです。