カードローンの審査を受ける際には他社からの借入額を申告する必要があります。
ではこの情報が審査にどう影響を与えるのかというと、まずチェックが必要なのが総量規制です。
総量規制は改正貸金業法によって施行された消費者個人が貸金業者から借り入れる金額の制限のことで、現在の法律では貸金業者から消費者がお金を借りる場合、その年収の1/3までに制限されています。
この制限を超えて融資してしまうと融資した側が貸金業法違反となりますから、貸金業者はかなり慎重にチェックをすることになります。
当然ながら他社からの借入額で既に年数の1/3を超えているというようであれば融資してもらえる可能性はゼロになるでしょうし、年収の1/3を超えていなくとも債務額が大きいとして判断されれば審査には悪影響が出ます。
銀行系業者はこの総量規制の影響を受けないため他社からの借入額はそこまで影響しないのではないかとも思われるのですが、銀行は基本的に貸金業者よりも融資基準が厳しく設定されています。
実際どういった条件なのかということについては業者によって違いますが、他社借入額が年収の1/3以上になっていると返済不能になるリスクが高いとして判断される可能性が高いですし、またその銀行以外に二社以上からお金を借りているということになると多重債務状態になる可能性が高いということで融資が断られることが多くなります。
どういった形であるにせよ、契約件数も借入額も少ないに越したことがありません。
場合によってはおまとめローンなどで契約件数を減らすことも考えることをお勧めします。